2005年12月31日

スピーキングとライティング向けテスト

忙しさにかまけていてTOEIC関連の情報収集も怠っていてしまったのですが、大きなニュースがあったようです。

もう、しばらく前の話ですが、TOEICが変更され、スピーキングとライティング向け設問が追加されるというニュースが流れました。

それに対して、TOEICのオフィシャルWebサイトでは次のようなアナウンスがされています。

2005.12.26: 平成17年12月13日付の新Speakingテストと新Writingテストに関する報道について

これによると、現行のTOEICは従来どおりリスニングセクションとリーディングセクションのみで構成され、今後現在のTOEICに追加する形でスピーキングとライティングが導入される方向で検討されているようです。


posted by Tim at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月30日

英語しっかり上達!音読ドリル

Blogを書いていない間にいくつか英語の書籍を購入しました。

その1つがこれ(↓)です。

國弘正雄&藤本信彦 式 英語しっかり上達!音読ドリル
國弘正雄&藤本信彦 式  英語しっかり上達!音読ドリル  <CD>藤本 信彦

宝島社 2005-06-23
売り上げランキング : 8,427

おすすめ平均 star
star口からすんなり出るように
star類書の中でこの本を選んだ理由
starヨガで8キロ減と同じかんじかも

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


音読は会社契約の英会話の教師から以前より薦められていたので、興味があったのですが、なかなか実行に移せずにいました。いくつか類書もあったのですが、アマゾンなどでの書評も良かったので、この本にしました。

アマゾンで購入したので、実際にこの本を手に取ったのは購入してからでした。購入し、実際に中を見た感想としては、

・音読と言いながら、音読にまつわるすべての英会話の基礎(リピーティング、シャドウイングなど)が網羅されている
・英文はやや基礎的なものからスタート
・スピードも速くない

という感じです。率直に言うと、私にはもう少し内容も硬いもの、レベルもちょっと高くても良いかなという気もしましたが、なにぶん音読は初めてなので、このくらいがちょうど良いかもしれません。

ただ、正直言うと、毎日続けることが基本の本書ですが、毎日はできていません。朝少し早目に起きて、音読を実践しようとしているのですが、なかなか早起きができなくて。。。 (^_^);;;;

まだ実際の効果は現れていませんが、これから音読スタートという人にはお勧めの1冊です。
posted by Tim at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"Dealing with Difficult People - 困った人と上手につきあう方法"

以前紹介した「マグロウヒル・バイリンガルブック・ビジネス」シリーズの書籍を何冊か買いました。

まず、読んだのが、これです。

Dealing with Difficult PeopleDealing with Difficult People
Rick Brinkman Rick Kirschner 松本 茂

McGraw-Hill 2004-12-20
売り上げランキング : 20,031

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


会社にはいろんな人がいます。その中でも付き合いにくい人たち、俗に言う「困ったちゃん」たち。この人たちを分類し、それぞれへの対処法を伝授してくれるのがこの本です。

実は私の部下に1名ほど、コミュニケーションがうまく取れない人がいたので、この本を読みました。読後、コミュニケーションが改善されたかというと、「?」ですが、少なくともどのようなタイプの人がいて、どのようにコミュニケーションをとれば良いかというのが「ヒント」としてわかっただけでも役立ちました。

さて、肝心の英語学習としてのメリットですが、興味のある分野の内容が英語と日本語が併記してあるというのは思ったよりも、意味があります。最初は英語だけで読んでいたのですが、わからない単語などもかなりあったため、その部分は日本語を読むようにしています。

1点、改善して欲しいなと思うのは、書籍の性格上仕方ないのかもしれないのですが、やや意訳気味のところが多いところです。ただ、直訳調だと日本語だけを読む場合の読みやすさに問題が発生するかもしれないので、無理なお願いかなとは思います。英語の単語リストみたいなのが載っているだけでも英語学習者には役に立つと思います。出版社に意見してみようか。

いずれにしろ、ビジネス英語を使う人にはお勧めのシリーズです。また、TOEICはビジネス文書が多いので、TOEIC学習者にもお勧めです。なんといっても、非常に薄いですし、必要以上に凝った言い回しなどはありませんので。
posted by Tim at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

だいぶ間が空いてしまいました

前回、記事をアップしてからだいぶ時間が空いてしまいましたが、その間に大きな変化がありました。

まず、いろいろあって、転職をしました。某外資系ITベンダーです。上司はアメリカに常駐するアメリカ人ですので、彼からの指示や私からの報告や相談はすべてメールや電話で行うことになります。仕事で英語を使う機会は以前から多かったのですが、今回さらにそれが増えました。

英語を仕事で使う機会が増加すると、必然的に英語力が向上するというのが私の考えなのですが、今回ばかりは自分の能力以上の英語力が要求されているようで、ちょっと大変です。毎日がプレッシャーとの戦いです。私と同じレベルの同僚もすべて外人となりますので、同僚とのコミュニケーションも英語です。転職してから、2度ほどアメリカ本社で3日間缶詰の合宿があったのですが、そこでもすべて英語でした。話されていることは80%〜100%理解できるのですが、タイミングよく意見を言うことができず、フラストレーションがたまるいっぽうです。

TOEICの最新スコアは以前書いたと思うのですが、今年の春に取得した910点が私の現在のスコアです。TOEIC 910と言っても、いろんな人がいると思うのですが、私のように帰国子女でもなく、海外での長期滞在経験の無い人のTOEIC オーバー900というのは、やはり帰国子女の人のように直接英語のコミュニケーションをとるような場合には大きな差が出るように感じます。

いずれにしろ、ここしばらく転職したばかりということでかなり忙しかったのですが、来年からは、さらに英語力を向上させるための学習を工夫して進めたいと考えています。

posted by Tim at 08:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。