2006年01月15日

日本人のための英語術

年末で図書館で借りました。テレビなどでも見かけることのある数学者兼大道芸人であるピーターフランクル氏の本です。

本書は一環して、必要最小限の知識で英語でのコミュニケーションを行うための学習方法を解説しています。まず日本人が外国人と会った際に必要となる英語での自己紹介や日本の特徴的なもの−たとえば豆腐などを英語で説明する方法について説明してあります。それも難しい単語を用いるのではなく、できるだけ一般的な単語を用いることによって、コミュニケーションを円滑にするということを訴求している点は好感が持てます。実際、ほとんどの日常会話では中学で習うような文法と語彙で成り立っていることはほかの書籍でも言われていますし、私も日々感じています。

本書の中で紹介されている学習法のうち、特に役に立ちそうだと思ったのは、(ほかでも良く言われていますが)英語で日記を書くこと、英英辞典を用いて単語を英語で説明することの2点です(ほかにもいくつかの方法が紹介されています)。単語を英語で説明するのは、自分なりに自分の知っている単語を組み合わせて言ってみて、英英辞典(Learners Dictionaryが望ましい)ではどのように解説されているかと比べるというものです。これなら、仲間内でも遊びの要素を取り入れて行えるように思います。

日本人のための英語術
日本人のための英語術ピーター フランクル

岩波書店 2001-11
売り上げランキング : 80,331

おすすめ平均 star
star筆者の外国語学習経験談。
star努力と工夫が好きな人
star異文化体験が面白い

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



posted by Tim at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。