2006年01月24日

英語交渉術

会社の英語インストラクターから教わった英語でのコミュニケーションを改良するヒントの続きです。

英語での交渉では実際に交渉の結果に得られると考えられる結果を3つほど用意しておくと良いそうです。そして、自分が得たいと思う結果(Target)を5とすると、それよりも少し上のレベル、たとえば6や7をOpeningとして交渉の開始時に提示します。また、自分のTargetよりも下の絶対に譲れないレベルをReservation Pointとして用意しておきます。交渉の流れ次第では、このReservation Pointまでは譲ることを考えます。

これは英語だけでなく、日本語でも必要なことかもしれませんが、意外に目から鱗の指摘でした。

英語ネゴシエーションの検索結果
英語 & 交渉の検索結果


posted by Tim at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | TIPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。