2006年02月01日

職業としての翻訳

ふと思うところがあり、翻訳者になろうかと思い立ちました。図書館に行ってみると、いくつか翻訳者を目指す人のための書籍がありました。その中から以下の2冊を借りて読んでみました。

実務翻訳を仕事にする
実務翻訳を仕事にする井口 耕二

おすすめ平均
starsありそうでなかった実用的な本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


あなたも「翻訳家」になれます!―マスコミ・広告業界から引っ張りだこ!
あなたも「翻訳家」になれます!―マスコミ・広告業界から引っ張りだこ!アイディ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


翻訳といっても、産業翻訳、出版翻訳、映像翻訳、舞台翻訳と大きく4つの種類に分類されるそうですが、前者は産業翻訳を目指す人に対して、仕事の内容の紹介から、翻訳者になるための具体的な方法について書かれています。筆者は自身もそうであったようですが、現在サラリーマンである人は、まず二足のわらじで翻訳業務を始めてみることを進めています。いきなり翻訳で独立するのにはそれだけリスクがあることが本書からもわかります。こちらの書籍では実際の英語力についてはあまり解説されておらず、むしろ仕事を取るための心得を説いています。

後者はもっと一般的翻訳業務一般に対する解説です。こちらでも翻訳業務の厳しさが説かれています。筆者が意図したものではないのでしょうが、浮ついた気持ちで翻訳を生業にしたいと考えている人(実は私も一瞬そのように考えました)にとっては、そのような気持ちをいさめる内容となっています。実際、翻訳単価が頭打ちの状態や業界ヒエラルキーの中で弱い立場であることなどがわかります。また、あくまでも目安だとは思うのですが、一日に4時間ほどは集中できる時間を持ち、それを3スパン繰り返すことで(つまり、トータル12時間/日)、やっと生活できるほどの収入が得られるようです。

どちらの本からも翻訳業の厳しさが伝わってきて、翻訳を仕事にしてみようかという私の浮ついた気持ちはすっかりなえてしまったのですが、一方で英語の力を高めたい、英語が好きでたまらないという人にとっては、翻訳という仕事のやりがいは伝わってくる内容となっています。

私自身はいきなり会社を辞めるつもりはないですが、将来的に独立することなども漠然と考えているので、まずは実務翻訳を仕事にするが勧めているように、二足のわらじでサイドビジネス的にやれないかを考えてみたいと思います。たとえそれが無理であったとしても、プロに対抗できるような翻訳ができるようになれば、自分の英語の能力も高まると思いますので、プロの翻訳者の技についてを学ぶ機会が得られればと考えています。


posted by Tim at 14:17| Comment(0) | TrackBack(1) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ブログにショッピングサイトを作ってで高収入
Excerpt: ●ブログは一番簡単に作れるホームページ ブログは簡単にホームページを公開できるので大流行です。もう作
Weblog: ブログとアフェリエイトでお小遣い稼ぎ、副収入
Tracked: 2006-05-04 00:03
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。