2006年02月24日

日→英 翻訳は無理っぽい

業務で必要となったので、あるWebページの翻訳を行いました。日本語から英語への翻訳です。先に言い訳すると、元の日本語文章があんまりきれいではなかったのです。主語がはっきりしなかったり、全体的に不必要に受動態だったり。

翻訳したものを会社の中だけで使うのならば良いのですが、今回はお客様にも見てもらう必要などがあったため、完成度を高めようと、同僚の日本語もしゃべれるアメリカ人に見てもらいました。「ちょっとかる〜く確認して、あまりにひどいところがあったら、直してもらえません?」

すると、しばらくして、「どこまで直していい?」と聞いてきます。「最初のパラグラフだけ直したけど、ここは何を言っているかわからないし、ここはひどすぎる。。。」

彼には私が訳したことを言っていないので、辛らつな言葉で批評してきます。一言一言がぐさぐさと胸に突き刺さります。

しばらくして、「できたよ」と渡してくれましたが、確かに、見違えるほどわかりやすくなっています。

良く、英作文をして、それをネイティブに添削してもらうと良いと言いますが、それが良くわかりました。

TOEIC 910点とれているので、多少自信はあったのですが、そんな自信は木っ端微塵に飛び散りましたが、良い経験になりました。

翻訳家と二足のわらじを履くことも少し考えたのですが、少なくとも日英の翻訳は無理ですね。かなりの修行が必要だということがわかりました。


posted by Tim at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | よた話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。