2006年05月02日

四〇歳からの勉強法

もう一つのブログのほうにも書きましたが、この本は良書です。短時間で読めるにも関わらず、具体的な勉強法のヒント満載です。

四〇歳からの勉強法
三輪 裕範

448006267X

関連商品
畑村式「わかる」技術
どんな仕事も2割増しでやりなさい―リーダーを目指すなら「最良の部下」になる
此処 彼処 (ここ かしこ)
慕われる上司 捨てられる上司
失敗百選 41の原因から未来の失敗を予測する
by G-Tools

英語学習についても、最後の一章を割いて書かれています。一貫しているのは、「読めるが話せない日本人」というのは間違いで、「読めもせず、話せもしない日本人」が正しいということです。その上で、あえて時代と逆行するかもしれないと言われながらも、主張しているのが、文法重視の学習法です。この背景には、「読み書きができないことを話せるわけがない」という考えです。

私もこの考えには賛成します。今、Berlitzに通って、英会話を習っていますが、ここでの学習は、「時間があって、じっくり考えることができれば、もっと良い文章を作れるが、そういうような猶予が与えられないときに、いかに反射的に応答を返せるようにするか」のための学習です。つまり、この前にすでに基本的な文法や語彙などは身についていることが前提です(実際には必ずしもそうではないので苦労しているのですが)。書けないものは話せない。当たり前ですが、それを考えると、学校教育での文法重視の考えは否定できません。

著者は中学レベルから高校入試レベル、大学入試レベルと順を踏んで、そして最後に英字新聞を読めるまでのレベルまでの学習の仕方を紹介しています。英字新聞については、まず日本のニュースを取り扱っているJapan TimesやMainichi Daily Newsからはじめると良いといわれています。これはほかの先生方も言われており、私も感じていることです。ほかにも自分の興味のある記事をWebから拾って読むとも良いと書かれています。「読めると読む」は違うとも書かれており、耳が痛いです。


posted by Tim at 17:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

(増補・音声付)TOEIC(R)で920点を取った医師の英語勉強法
Excerpt: 医学トピック・脳科学・バイリンガル実験などからヒントを得て独自の英語勉強法を編み出した著者がその勉強法を公開!「ああ、だから英語ができなかったんだ」「ああそうか、そうすればよかったんだ!どうして今まで..
Weblog: (増補・音声付)TOEIC(R)で920点を取った医師の英語勉強法
Tracked: 2006-05-16 21:34
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。