2005年05月17日

予備校って

昨日の続きですが、米国本社からの出張者に同行しています。

電車内の広告に興味があるようで、「あれは何? これは何?」といろいろ聞いてきます。中でも説明に困ったのが、予備校の広告。

和英辞典で調べると、予備校は"cram [cramming] school"とのこと。ただ、cramって詰め込みっていう意味ですよね。なんか悪いイメージを持たれそうなのですが、とっさには適切な説明ができませんでした。

今、ALCの英辞郎で調べてみると、


cram school〔「詰め込み勉強」のイメージを避けるために private tutoring school と訳される場合がある〕

prep school // preparatory school // private school for preparing students for entrance into a college or university


と出ています。なるほど、この最後の"private school for preparing students for entrance into a college or university"という説明を行えば良かったんですね。単純な説明ですが、必要なことは説明できています。こういうのがすぐに出てくるように、もっと努力しないとダメですね。


posted by Tim at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | よた話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。