2005年05月24日

アメリカ口語教本

大学卒業後、社会人になって特にTOEIC向けというわけでもなく使っていたのが、このシリーズです。つまり、まだTOEICを受ける前、もしかしたらTOEICの存在さえ知らなかったころに使っていたテキストです。

アメリカ口語教本 (入門用)
W.L.クラーク

研究社出版 1984-01
売り上げランキング : 14,317

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1959年に出版されてから版を重ね、40年以上もの間、英語学習者に対して常に推薦され続けているという驚異的なシリーズです。CDも別売りで発売されていますので、インプットおよびアウトプット用の参考書として使用できます。

各シリーズとも「パターンプラクティス」というメソッドを中心に組まれています。このパターンプラクティスとは、ある元になる文章をテキストに指示されているとおりに変化させていく、すなわち言い換える練習法です。どのパターン変化もじっくり考えればわかるようなもの(特に、入門や初級は非常に簡単なもの)ですが、これが即座に口に出るまで練習することがこのパターンプラクティスにおいて求められている学習法です。

このパターンプラクティスを徹底的に行うことで、基本的なアウトプット能力を身に着けることができます。

シリーズは「入門」、「初級」、「中級」、「上級」の4編から構成されており、それぞれCDも別売りで用意されています。

アメリカ口語教本 (入門用) アメリカ口語教本
アメリカ口語教本 (初級用) アメリカ口語教本
アメリカ口語教本 (中級用) アメリカ口語教本
アメリカ口語教本―上級用(Spoken American English-Advanced Course) アメリカ口語教本

最初に書いたように、私は15年くらい前に、この「初級」を、そして8年くらい前に「中級」を購入しました。ただ、熱心にパターンプラクティスをやったというわけではなかったので、TOEICが一段落ついたら、そろそろもう1度取り組みなおそうかと考えています。実際、面接試験のある英検受験者には、このテキストはかなり利用されているとも聞きます。

TOEICは現在のところ基本的にはインプット中心の能力を測るものであるため、TOEICのスコア向上だけを目的にしていては、アウトプット能力とのバランスがとれなくなってしまいます。スピーキングの学習にはこのパターンプラクティスが効果あると言われていますので、反射的に指示されたパターンの変形が口から出てくるぐらいになるまでトレーニングを積んでみようかと思います。

なお、同じようにパターンプラクティスを用いた類書として「話すためのリスニング」という書籍もあるようです。某巨大掲示板によると、「アメリカ口語教本」とこの「話すためのリスニング」は同じ研究社から出版されているので、「話すためのリスニング」は「アメリカ口語教本」の後継の位置づけでもあるようです。私個人は「アメリカ口語教本」の中の文章が古臭いとはあまり思いませんが、「話すためのリスニング」も今度立ち読みしてみようかと思います。

話すためのリスニング 入門用 CD book
話すためのリスニング 中級用 CD book
話すためのリスニング 上級用 CD book


posted by Tim at 19:31| Comment(0) | TrackBack(2) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

Word and Act
Excerpt:  文章とはいかなる言語におけるも、体言の間を周旋する用言の働きである。 この原則に沿ひ英語語彙中同一語尾を帯するものを類集して文と為しかつ之を自作自訳とする。銘打つて変体英文といふ。やがて英和辞書一冊..
Weblog: いろは 伊呂波 IROHA
Tracked: 2005-05-25 15:30

アメリカ口語教本 (初級用) (W.L.クラーク)
Excerpt: アメリカ口語教本 (初級用) (W.L.クラーク) 研究社出版 ¥1,260 ★★★☆☆  昔から有名な英語教本です。入門・初級・中級・上級の4巻ありますが、たいていの人(TOEIC 55..
Weblog: 厳選書評ブログ
Tracked: 2006-09-03 05:28
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。