2005年08月03日

こなれた英文を書く技術

先日、以下の書籍を図書館から借りてきました。
この本はTOEIC対策という意味では直接関係するものではありませんが、最近はTOEIC向けの勉強よりも、英語の総合力をつけるような本を読むようになってきています。

493907689Xこなれた英文を書く技術―ワンランク上のライティングを可能にする8つのワザ
黒川 裕一

ベレ出版 2002-02
売り上げランキング : 57,240
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本は英文の読み書きはそこそこにこなせるが、いまひとつネイティブの書く英語ほどしゃれた表現ができないと悩んでいる人にお勧めの本です。そう、まさに今の私がこのレベルです。TOEICは基本的に受身のテスト−つまり聞く&読むことに関する能力を測るテスト−なので、たとえTOEICでハイスコアをとっていても、必ずしも英作文の際にネイティブ並みの表現ができるわけではありません。もちろん、TOEIC860点以上をとるような人であれば、「通じる」レベルの英文は問題なく作成できます。ただ、ネイティブが書いた文章を読むと、そこには何か越えられないものを感じてしまいます。

英文をこなれたものにするためには、文法の使い方などはもちろんのことですが、この本では正しい文法の中でも、単語の使い方ひとつ、語順の選択などで、どのように自然な英文にできるかが記述されています。

人によっての向き不向きがあるかもしれませんが、英文メールの作成が業務でも必須の私にとっては、この本には目からうろこのTIPSが満載でした。

お勧めです。


posted by Tim at 10:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

英会話で旅してきました
Excerpt: 今日はままこと同じ世代の方で英会話を習っている方のブログを旅してきました。 どんな方がいらっしゃるのでしょうか。ターゲットは40歳、英会話です。 それでは行ってきます玲 40歳..
Weblog: ままこのとことん私的通信
Tracked: 2005-08-10 14:04
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。