2016年10月17日

再開

10年振りにこのブログを再開することにしました。
10年経ったので、タイトルも「40歳からの英語学習」から「50歳からの英語学習」に変更します。

その間に、TOEICのスコアも960点まであがりました。満点を目指して頑張っていますが、TOEICだけに拘らずに英語の学習を進めたいと思います。

最近は仕事で英語を使う機会が減ってしまったこともあり、意識して一日に少しは英語に触れるようにしています。

自分への備忘録を兼ねて、前と同じように、自分の学習記録とそこから他の方にお勧めできる学習法などを公開していきます。


posted by Tim at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

Happy New Year

あけましておめでとうございます。昨年は後半、仕事が多忙になった所為などもあり、本ブログの更新が滞ってしまいましたが、今年はできるだけ長く間を空けることなく更新できるようにがんばりたいと思います。

昨年の状況を省みると、ブログの更新頻度と英語学習への意欲というのは比例しているように思えます。毎日は無理としても最低でも週1回の更新を目標にしてがんばります。

それでは、今年もよろしくお願いします。

- Tim
posted by Tim at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月30日

だいぶ間が空いてしまいました

前回、記事をアップしてからだいぶ時間が空いてしまいましたが、その間に大きな変化がありました。

まず、いろいろあって、転職をしました。某外資系ITベンダーです。上司はアメリカに常駐するアメリカ人ですので、彼からの指示や私からの報告や相談はすべてメールや電話で行うことになります。仕事で英語を使う機会は以前から多かったのですが、今回さらにそれが増えました。

英語を仕事で使う機会が増加すると、必然的に英語力が向上するというのが私の考えなのですが、今回ばかりは自分の能力以上の英語力が要求されているようで、ちょっと大変です。毎日がプレッシャーとの戦いです。私と同じレベルの同僚もすべて外人となりますので、同僚とのコミュニケーションも英語です。転職してから、2度ほどアメリカ本社で3日間缶詰の合宿があったのですが、そこでもすべて英語でした。話されていることは80%〜100%理解できるのですが、タイミングよく意見を言うことができず、フラストレーションがたまるいっぽうです。

TOEICの最新スコアは以前書いたと思うのですが、今年の春に取得した910点が私の現在のスコアです。TOEIC 910と言っても、いろんな人がいると思うのですが、私のように帰国子女でもなく、海外での長期滞在経験の無い人のTOEIC オーバー900というのは、やはり帰国子女の人のように直接英語のコミュニケーションをとるような場合には大きな差が出るように感じます。

いずれにしろ、ここしばらく転職したばかりということでかなり忙しかったのですが、来年からは、さらに英語力を向上させるための学習を工夫して進めたいと考えています。

posted by Tim at 08:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月21日

なんちゃって翻訳

米国本社からの訪問者に同行して、客先に出向いていたため、ブログの更新ができませんでした。申し訳ありません。

やっと昨日からオフィスに出社できるようになりましたが、メールの量が半端じゃないくらいたまっています。おかげで、今日は土曜日なのに、自宅から仕事です (T_T)。

私の仕事は日本のお客様やパートナーの方々と米国本社をつなぐような仕事も含まれます。そのため、今回のように米国から訪問者があると、なんちゃって通訳をしなければいけなかったりします。また、メールでも、日本のお客様が英語でメール書いていただけることはまれですので、私のほうでそれらを翻訳しなければいけません。米国の担当者のメールも日本語に訳して日本の方々にはご連絡します。

なので、ここではいわゆる「なんちゃって翻訳」をしていることになります。英訳と和訳の両方。

どちらが楽かと言われると、それは絶対に和訳です。専門用語は慣れればすぐにわかりますし、専門用語以外であればメールで使われている英語はさほど難しいものではありません。

一方、英訳は、なんちゃって通訳のところでも書いたように、そもそもの日本語が日本人でも理解しづらいことが多く、そのような文章を英訳するには、英語力というよりも日本語での理解能力(想像力とも言えるかもしれません)が要求されます。繰り返しになりますが、捻じれた文、主語がわからない文などなど。

愚痴っぽくなってしまいますが、皆さんも英語に訳される文章を書いたり話したりするときは、英語に訳されることを頭の片隅において、日本語として正しい文章を作るようにしましょう。自戒もこめて…。
posted by Tim at 09:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月16日

なんちゃって通訳

私の会社はいわゆる外資系なのですが、年に何回か米国本社からの出張者があります。これら本社からの出張者は日本でお客様やパートナーの方々とのミーティングを行います。重要なミーティングではできるだけ専門の通訳の方に頼んで、逐次通訳や同時通訳を頼むようにしているのですが、予算が無い場合やカジュアルな形式のミーティングでは私たち社員が通訳代わりのことをやらされることがあります。

実は今日、その「なんちゃって通訳」の仕事がまわってきました。

相手は某巨大銀行。

本社から来た社員と私は面識もあり、電話でも良く話す間柄なので、彼女の英語はほとんど理解できます。ですが、これが曲者で、自分だけが理解するには、「ほとんど理解」で、十分なのですが、他人、しかも重要なお客様に訳してお伝えするので、ほぼ100%の理解が要求されます。

また、彼女(本社からの出張者)といつも英語で話すときは、英語で聞こえたままをそのまま頭で理解しているのですが、通訳となると、日本語への変換を行わなければなりません。もちろん、専門の通訳ではないので、逐次通訳の形式をとりますが、それでもある程度の量の英語を頭の中で記憶しておき、それを日本語に訳して説明しなければならないので、かなりの重労働です。

さらに、問題なのが、日本語から英語への通訳です。良く日本語は論理的な言語ではないので、英語に訳す際に苦労するというようなことを聞きます。私は決して日本語が論理的な言語ではないとは思わないのですが、日本人の中に論理的に話すことが苦手な人が少なからずいることは実感します。主語が何かわからなかったり、いわゆる「捻じれた文」になっていて、主語と述語が対比していなかったり、そもそも何を言いたいかわからない(趣旨が明解でない)文章だったり…。

こういった文章としての日本語の問題が無かったとしても、通訳の仕事をすると本当に疲れます。語彙が足りないので、どうしても説明がWordy(冗長)になってしまいますし、そもそも頭の中のバッファが足りないのか、英語の文章を長く聞きとめておかなかったりします。こういう、「なんちゃって通訳」をするたびに、プロの通訳の人たちの優秀さを再認識する次第です。

ただ、一方で通訳もどきをするのは、英語の学習には非常に良い効果を発揮します。自分だけがなんとなくわかるでは通用しないので、それこそやり聞き直し無しのディクテーションくらいの集中力が必要です。

毎日連続でこの仕事だと疲れますし、本業に差し支えますが、たまにはこのような「なんちゃって通訳」も悪くは無いですね。ただ、ミーティングをするお客さんやパートナーの方々の中に私よりも英語に堪能な方がいらっしゃらないかはいつも気になります。私の下手な通訳を見て、内心笑われているのではないかと…。

posted by Tim at 20:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月24日

テレビで留学(NHK教育テレビ)

今、NHK教育テレビで放送されている「テレビで留学 ニューヨーク大学英語講座」を初めて見ました。

mixiのコミュニティで存在を知って、録画はしていたのですが、なかなか時間がとれずに、今日やっと見ることができましたが、これ、なかなか良いですね。

ニューヨーク大学の語学クラスの1授業のエッセンスを日本にいながらにして体験することができます。全部見たわけではないのですが、ほかのNHK教育テレビの英語番組は初心者向けのものが多かったり、日本語での解説が多かったりするのですが、この番組はすべて英語で行われます。一切日本語での解説がありません。それだけでも、真剣に聞く気になれます。

SitCom(Situation Comedy)というクラスの授業が現在は放送されています。最初の回では自己紹介(と言っても名前を言うだけ)していましたが、アメリカ人にわかるようにするためには、自分の名前のどこにアクセントを置くかを決めて発音をしなければいけないと言っていたのが印象的でした。番組では(というかクラスには)、たしかReiko(違ったかも)という日本人女性がいたのですが、最初アクセントをつけずに自分の名前を発音したところ、「それじゃだめだ。どのsyllableをstressするか決めなさい」と注意されていました。

2回目はAmreican Jokesでした。いくつかわからない(から当然笑えない (T_T))Jokeがありました。

Non Nativeのための英語クラスですから、当然インストラクターの発音はゆっくりできれいです。私はTOEIC 900点超えているにも関わらず語彙がかなり少ないので、1回の放送中に2〜3個ほどわからない単語が出てきました。難易度的にはTOEICの700点くらいかと思います。

TOEICの勉強に疲れたときなど、ちょっと毛色の変わった英語の勉強がしたいときにはお勧めです。

放送時間は、

毎週火曜 午後11時10分〜11時30分
毎週月曜 午前6時50分〜7時10分(再) 午後0時10分〜0時30分(再)

です。

参照: NHKの語学のWebページ
posted by Tim at 20:22| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月18日

モチベーション維持

ちょっと中だるみ状態です。

ALCの通信教育の課題も少したまり始めてしまっています。

英語学習を続けていると、このように中だるみ状態になってしまうことがままあるのですが、TOEIC攻略法ブログにはTOEICを受けてみることが勧められています。

私もそのとおりだと思います。私もTOEICを受け続けることで、勉強のペース確立していました。

が、ここしばらくそれも崩れてしまっています。

第112回(1月)、第113回(3月)と2回連続受験しましたし、第114回(5月)の受験も申し込みしてあります。一応、お金がもったいないので (^^;;;、試験前には体調を整えたり、購入してあるいくつかの対策本を再度見直すなどはしていますが、試験と試験の中間、そうちょうど今ぐらいの時期にはだれてしまってきています。もしかしたら、これは自分では否定していますが、第112回(1月)にとりあえずの目標であった860点を超える900点を取ってしまったからかもしれません。

最低、毎日および毎週(つまり週末)やるべきことを決め、それをこなしていくようにすべきかなと考え始めています。もう1つ、私の場合はALCもやっていて、それ以外にもいくつかTOEIC対策のための本やシャドウイングの本を買ってしまって、積読状態になっています。これもやるべきことがぼやけてしまっている原因かもしれません。

少し渇を入れなおそうと思います。

また、自分なりのペースを確立でき、うまく軌道に載せられたら、皆さんにも紹介しようと思います。
posted by Tim at 14:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月06日

スパムメール

私のところには良くスパムメールが来ます。ほとんどはバイアグラの販売かフィッシング(ちなみに、Phishingです。Fishingじゃありません)と呼ばれるクレジット詐欺なので、タイトル見ただけで捨てていますが、たまに時間があるときに目を通してみると、おもしろく、かつ英語の勉強になるものもあります。

今朝来ていたメールには、こんな風に書かれていました。

Hello, Karl

I think we had correspondence a long time ago if it was not you I am sorry.
If it was I could not answer you because my Mozilla mail manager was down for a long time and I could not fix it only with my friend's help I got the emails address out for me ..:) I hope it was whom we were corresponded with you are still interested, as I am, though I realize much time has passed since then...
I really don't know where to start ....
Maybe you could tell me a little about yourself since I lost our early letters, your appearance,age , hobbies, and are you still in the search?
If it was you I wrote to and you are interested to get to know me better, I have a profile at :
http://<省略。実際にはあるURLが書かれていました。>/

Don't really know what else to say for now I hope this is the right address

Let me know if you are interested, And I hope you won't run when you see my picture :-)

see you later

Marie

良く出来ています。私はKarlさん(カールおじさんか?)じゃないので、一目で私じゃないことはわかりましたが、ついついMarieさんの写真やプロフィールを見たくなって、Webをクリックしたくなるようなメールじゃないですか。

実はこれはロシアからのメールなんですが、英語もそんなに不自然じゃない(ちょっとおかしいところもある気もするけど)。これを15秒くらいで読めれば、TOEICのPart VIIの勉強にもなるかも?!

TOEICのPart VIIにはいろんな種類の英文に慣れることが要求されます。昨今は電子メールを題材にした出題も多くあるので、質の高い ;-) スパムメールなら、良い教材になるでしょう。

というわけで、諸外国からのスパムメール、たまには軽い気持ちで読んでみても良いかもしれないというお話でした。ただし、私はテキストメールモードにしていて、HTMLメールは開いていないです。HTMLメールの場合は、WebバグやWebビーコンというテクニックでメールを開いただけで、開いたことがトラックされてしまうことがあるようですから、ご用心を。
posted by Tim at 11:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月21日

速聴

次回のTOEICまで1週間をきったというのに、花粉症のため集中できません。今日も頭痛がひどく予定していた勉強をすることができませんでした。

こんな日でも、少しでもTOEICのための集中力をキープしておくために、ヒアリングだけは欠かさないようにしています。今日はほかに勉強ができる状態ではなかったので、いつものヒアリングとはちょっとだけ趣向をかえて行いました。

英語の教材だけでなく、まず日本語のニュースを1.4倍から2倍にして聴きました。Windows Media Playerには再生速度の変更機能がついているので、それを活用しています。日本語であっても、速度を速くして聴くことで、頭の回転が良くなるようです。その後、AFNのEagle Newsのヒアリングを行います。本当はAFNのEagle Newsはシャドウイングを行うのが良いのだと思いますが、そこまでの元気は無かったので、何回か繰り返して聴くだけにしました。

時間にすると、20分もかからないくらいです。気休めかもしれませんが、これだけでも、脳の英語対応力が少しは維持されるのではないかと思います。毎日少しずつでも続けることが重要だと聞いたことがありますので。

それにしても、花粉症。どうにかしたい。
posted by Tim at 21:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。