2005年04月16日

Microsoft Bookshelf 3.0

インターネット上のWebサイトで記事を読んだり、英文のメールを読み書きする際に重宝するのが、PC上の辞書ソフトです。私はここ数年、マイクロソフトのブックシェルフを使っています。

最初はいつのバージョンだったか忘れたのですが、マイクロソフトオフィスにおまけのように付いてきていたBasicというサブセット版を使っていたのですが、その後、フル機能の付いた正式版に買い換えました。

Microsoft Bookshelf 3.0

マイクロソフト 2001-03-16
売り上げランキング : 801
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ユーザーインターフェイスはマイクロソフトのほかの製品とほぼ同じです。ですので、オフィスなどを日ごろ使っている方ならば、戸惑うことはほとんど無いでしょう。タスクバーに常駐しているので、それをダブルクリックして起動すると次のような画面になります。

bookshelf.JPG

辞書としては、

・新英和中辞典 第6版(研究社)
・新和英中辞典 第4版(研究社)
・Microsoft Encarta World English Dictionary(Developed for Microsoft by Bloomsbury Publishing Plc.)
・新明解国語辞典(三省堂)

が収録されています。

インターネットエクスプローラやマイクロソフトオフィスの中でマウスの右ボタンをクリックすることで、次のようなポップアップメニューが表示され、Bookshelfを使って選択されている文字を調べることができます。

bookshelf2.JPG

私は電子辞書も持っていますし、もちろん紙の辞書も持っていますが、Bookshelfの良いところは、PC上で操作しているとき、わざわざ別の媒体(電子辞書や紙の辞書)に持ち替えなくて良いところです。操作しているキーボードとマウスそのままで、使っているソフト(インターネットエクスプローラやオフィス)と連携して使うことができます。

あと、電子辞書と比べて優れていると思われるのは、スペル修正機能です。あいまいな記憶で覚えている英単語であっても、間違えていると、類似の英単語候補を表示してくれます。これは(少なくとも私の使っている)電子辞書には無い機能です。また、英単語だけでなく、イディオムでも辞書を引くことができるのも電子辞書には無い特色です(これも私の使っている電子辞書との比較ですので、もしかしたらイディオムでひける電子辞書があるのかもしれません)。たとえば、come acrossというイディオムをひく場合、comeをひいてその中からacrossとの連語を探すといったことなしに、直接come acrossをひくことができます(その場合、comeの中の連語としてのacrossの説明部分にナビゲートされます)。

また、最近では電子辞書によってはこの機能を持つものも増えてきましたが、Bookshelfではほとんどの単語に音声データがついていますので、PCのスピーカーでその単語の発音を聞くことができます。これなど、発音記号を読むのが苦手な人には重宝される機能でしょう。かく言う私もその1人です。

一方、電子辞書や紙の辞書に比較して弱いと思われるのは、用例です。一応、用例も載っていることは載っているのですが、電子辞書や紙の辞書に比べると、圧倒的にその量は少ないです。また、電子辞書では用例に使われている文章の全文検索ができますが、Bookshelfにはそのような機能はありません。また、単語登録機能もあることにはあるのですが、インターネットエクスプローラのお気に入りの機能をそのまま使っているので、あまり使いやすくありません。もう1つ不満を述べると、搭載されている辞書がやはり電子辞書などと比べると見劣りしますね。

最後に1つBookshelfユーザーのためのFAQを。
Bookshelfを使っているとなんかの拍子に、何を検索してもインターネットエクスプローラで存在しないページを表示したときにでる「ページを表示できません」というエラーが表示されてしまうことがあります。このようなときには、インターネットエクスプローラの履歴と一字ファイルをすべて削除してください。詳しくは、マイクロソフトの技術情報を参照してください。

PCソフトとしての辞書ソフトはインターネットで調べ物をする際にはとても重宝するものです。PCで英文の読み書きをすることが多い方は何か1つは購入されても良いと思います。インターネットでの無料の辞書はいろんなポータルで紹介されていますが、それらよりも多くの情報量を備えていますし、使い勝手も高いです。Bookshelf 3.0は2001年発売のソフトウェアで、最近ではもっと新しい辞書ソフトも出ているようですし、ジーニアスやリーダーズの辞書もPCソフトとして出ているようです。私も今度紹介しますが、このBookshelf以外にももう1つの辞書ソフトを併用しています。

ほかの辞書ソフトをお探しの場合は、以下をご覧ください。

Amazonで英和辞典ソフトを検索へ


posted by Tim at 19:41| Comment(0) | TrackBack(1) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。